モビットのキャッシングに限ったことではないのですが、「キャッシングを利用したら返済をする」と言うのがスタンダードなことですよね。当たり前のことですが、返済期日を守ると言うのも含まれていますよね。ところが、返済期日に遅れてしまうと言ったケースが発生してしまい、その理由も様々なようです。「すっかり返済日を忘れてしまった」ですとか、「振込しようとATMまで行ったけど時間に間に合わなかった」とか。どんな理由にせよ延滞は延滞になってしまいます。

 

延滞をしてしまうと、例え1日であっても「延滞利息」が発生してしまいます。何日も続いてしまえば、延滞した日数の分だけ利息は嵩んでしまいますし、延滞金利は通常のキャッシング利用の利息に比べると高いものです。とにかく延滞発生をしてしまったら、すぐにモビットコールセンターに連絡を入れるのがベストな対処方法です。と言うのも、数日だし、数百円の利息だからいいやと連絡をしないでいたりすると、自宅や会社への電話連絡が入ることになりますし、督促状が送られてくることにもなります。

 

連絡をとらずに放置し続けていると催告書、裁判にまで発展することにもなりかねませんからね。他にも延滞が発生している間は、利用限度額がある場合でも追加のキャッシングをすることができません。延滞してる分を返済してからでないと新たな利用ができないのは当たり前のことだと認識しておいて下さいね。

 

1回だけならまだしも、数日の遅れを3〜4回おこしてしまうと、例え延滞の分の支払を済ませてもあらたな追加融資がうけられなくなることもあります。なにしろ延滞をしない、おこらないようにする。これがキャッシングを上手に活用する最良の選択であることは間違いありません。