モビットのキャッシングユーザーでも意外と知らない人が多いのが「金利」のことなんです。これからはじめてキャッシングを利用しようと思ってる場合ですと、金利のことは全く知らないなんて方もいるかと思います。「金利」とは、キャッシングをした時に発生する利息のことで、モビットをはじめキャッシングサービスを提供している会社は、全てこの「金利」で経営を成り立たせています。

 

モビットの場合、「金利」のことを「実質年率」と呼んでいます。モビットの実質年率は3%〜18%となっているのですが、まずこの表記にひっかかる人多いはずです。3%〜18%と言う実にザックリとした感じですから、それは疑問が生まれても仕方ありませんよね。はじめてのキャッシングや、100万円以内のキャッシングに対して最高値である18%が適用されますので、これを標準値だと思っていれば問題ありません。

 

高額の融資になればなるほど3%に近づいてて行くと言う金利設定になっています。

 

ではここで簡単な金利の計算方法を紹介したいと思います。具体的な数字で金利を知ることができるとキャッシングの全体図が見えてきますので役に立つと思います。例えば10万円を18%で借りて30日後(一か月後)に返済する場合の金利は、10万円×0.18×30÷365=1479円となります。借りた金額×金利(18%)×日数÷365日と言うのが計算方法ですので、ご自分のキャッシング状況に合った金額と日数をあてはめると金利がすぐにわかると言う訳です。

 

電卓で計算するのが面倒だと言う方はホームページのシュミレーションを試してええみることもお勧めします。自分が払う金利を把握できていると、間違いなくキャッシングライフは便利で使いやすいものになります。